F9B69E05-06CA-4C0C-9DA8-9E3685B6CD16.jpe

ヘロン範子

Noriko Herron

時と共に移りゆく自然界の造形美はその偶然性がガラスを創作するプロセスと重なります。ガラスの流動性、光で反射したときに見せる独特の煌めき、その 一瞬の美しさをどのように表現するかを常に模索します。大手アパレルメーカーでデザイナーの経験を経て大量生産としてのモノ作りに疑問を持ち持ち、個の表現を追求するための手段を試行錯誤した結果ガラス作りに辿り着きました。2018年より創作ガラスパーツによるオリジナルのシャンデリア製作に始まり、続いて石膏とガラスをミックスしたインテリアアートボード、2012年より身に纏うオブジェのようなガラスジュエリーをスタートさせました。全て自身による手作りに拘ります。 ガラスの持つ魅力と可能性を最大限に引き出すことを追求し、世の中にたったひとつしかないアーティステイックなラグジュアリーをご提案いたします。

The process of creating glass art reflects the beauty of the ever-changing natural world.  I am always looking for ways to express the fluidity of glass, the unique sparkle that appears when reflected by light, and the beauty of the moment.  From my early experience as a designer at a major apparel maker, I’ve always had doubts about producing things in quantity.  Hence, I arrived at producing glass.  I began with the production of original chandeliers using creative glass parts.  I’ve added interior art boards that mix plaster and glass.  Since 2012, I have been producing and wearing glass jewelry.  My pursuit is to maximize the charm and potential of glass, thereby offering a unique artistic luxury.