• Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black YouTube Icon

©2018 NORIKO HERRON Glass + Art

ヘロン範子

神戸市出身。茶華道に精通した母に育てられながらも幼いころから西洋文化へ傾倒。大手アパレルメーカーでデザイナーとして勤務した後、20代後半にイタリアへ留学、語学を学ぶ。その後フリーデザイナーとして独立し、インターナショナルな立場で総合企画、ディレクションを手がける。アメリカ人の夫との結婚など環境の変化をきっかけに、個の表現を追求するための手段を模索。ガラス作りに魅了され、日本で技法を学んだ後2008年に創作ガラスパーツとワイヤーワークによるオリジナルのシャンデリアを製作開始する。続いて石膏とガラスをミックスしたインテリアアートボード、2012年よりガラスジュエリーを展開。アパレルで培った経験を生かしたガラスデザインの可能性を提案、製作を手がける。

 

Noriko Herron

Born in Kobe, I was trained at an early age by my mother, a professional in the art of Japanese tea ceremony.  Reflecting her passion, yet seeking my own forms of expression, I quickly turned my focus to the West and to fashion.  I began my career in a large apparel design company, but found myself living in Italy by my late twenties studying language, culture, and the European arts.  My life transitioned further when I married my husband, then a budding American entrepreneur living in Tokyo.  From there, I refined my search for a form of artistic expression.  From 2008, I began producing original chandeliers, built with antique glass parts and hand-formed wire frames.  I expanded my work to art boards of plaster and glass.  And, from 2012, I began producing glass jewelry.  Today, I find myself reaching back to my training in apparel and both Eastern and Western arts to explore the artistic expressions only possible with glass.

 

 

PROFILE